ISU 56th Ordinary Congress Dubrovnik – 2016 Decisions of the Congress

A copy of the press release I received from ISU. ————————————————– The International Skating Union’s 56th Ordinary Congress concluded on June 10, 2016 in Dubrovnik (CRO). Over 350 Delegates from 85 ISU Member federations were present to vote on over

ISU 56th Ordinary Congress Dubrovnik – 2016 Decisions of the Congress

A copy of the press release I received from ISU. ————————————————– The International Skating Union’s 56th Ordinary Congress concluded on June 10, 2016 in Dubrovnik (CRO). Over 350 Delegates from 85 ISU Member federations were present to vote on over

一段不再会有机会见报的采访

原来想着积攒着材料以后能用上,现在看来已经没有机会了,那就作为遗珠发在这里好了,也希望看到这段采访的冰迷就停留于此,不要转载去其他地方特别是大吧了。对于既定的事实,我不方便也不想多评价什么,气话我也不想说了,也希望大家留言里不多说。总之两位要坚强,加油!See you again!   于2015-16赛季NHK杯表演滑后 问:开始滑冰的契机? 于:我在北京出生,是很普通的小孩。我妈妈带我逛街,突然看到商场有冰场,我妈妈很欣赏花样滑冰的艺术,很喜欢这种美的感觉,她就想让我去体验一下。刚开始我也学过舞蹈之类的,也觉得花滑有艺术上的美感,所以慢慢地自己也喜欢上了,被挑选进专业队后就开始专业的训练。 金:我是小的时候爸妈问我长大想学什么,我也没什么主见,当时还很小,正好在电视上看到赵教练申老师比赛的视频,我说这个好,挺好看的,我爸就说那就练这个吧。 问:还记得是什么比赛吗? 金:那时候很小,不记得具体是什么比赛了,只记得这个事情。 问:你俩牵手之前金杨换过很多女伴,但不太理想? 金:其实也没有很多(笑)。因为女孩子在练双人滑的时候涉及到体重问题,我之前的女伴也都没能很好掌握自己的身材,所以也是没有办法的。 问:你们第一次见面搭档时的事情还记得吗?对对方的第一印象是什么? 于:我就真的是一个小女孩,他就是个大哥哥。我就尊敬崇拜这个大哥哥,因为他是搭伴了很多年的双人滑选手,而我自己当时能力还不是很强。 问:但是我听说的是金杨你第一次见小雨的时候就觉得她能力很高啊? 金:对,那时候他们给我介绍小雨的时候就说小雨是北京一姐,一姐就是说在北京是最厉害的,在她那年龄段她那水平可以说是很高的。然后我看她第一眼的时候她梳了个马尾辫,当时我就觉得这女孩好有气质 ,一站在那儿就特别孤冷高傲的感觉,与世无争的感觉。 于:假象(笑) 金:那会儿觉得气质就不一样,我就想这女孩以后要不得了啊。 于:这方面是遗传我妈妈的。不爱与人交谈,在冰场上比较冷漠,面无表情,看上去很高傲的感觉,容易被人误解。 问:但其实你是一个很擅谈的人。后来金杨有没觉得自己受骗了? 金:没有(笑),其实还是挺好的,就是有的时候她聊天打开了阀门就关不上了。有可能如果我们不是滑双人滑的话会以为跟她交谈是件很难的事,不敢去接近她,但是搭档之后发现小雨是个很热情的女孩,身边的朋友想让她帮忙做个事情她也都很乐意,从来没有说过不,特别喜欢帮助别人。然后在平常生活当中她也喜欢聊天,遇上喜欢的事物其实很能说的。 (中间很长一段采访都发表在Golden Skate上了 http://www.goldenskate.com/2016/02/xiaoyu-yu-yang-jin/ 最后的这个问题我考虑再三,虽然残忍,还是发出来吧。) 问:2018和2022年离家都很近,尤其22年就是小雨家门口,对未来有什么展望? 金:这个问题很多人都会问,只要是运动员,无论是什么项目,所有运动员目标都是一样的,就是奔着最高领奖台去,我们也不例外。但是虽然说都是离家不远吧,一个在平昌,一个在北京,我们肯定会尽最大的努力,在训练啊,在比赛中。很多人问我们什么时候能滑出更多的经典,其实我们也在想,经典对我们来说也不那么遥远,只是我们努力还是不够,所以在未来几年内我们会越来越细化自己的节目,让裁判员对我们有更高的认可,为了2018年和2022年的奥运会做准备,希望能实现自己的梦想。 于:我没有要补充的了。

一段不再会有机会见报的采访

原来想着积攒着材料以后能用上,现在看来已经没有机会了,那就作为遗珠发在这里好了,也希望看到这段采访的冰迷就停留于此,不要转载去其他地方特别是大吧了。对于既定的事实,我不方便也不想多评价什么,气话我也不想说了,也希望大家留言里不多说。总之两位要坚强,加油!See you again!   于2015-16赛季NHK杯表演滑后 问:开始滑冰的契机? 于:我在北京出生,是很普通的小孩。我妈妈带我逛街,突然看到商场有冰场,我妈妈很欣赏花样滑冰的艺术,很喜欢这种美的感觉,她就想让我去体验一下。刚开始我也学过舞蹈之类的,也觉得花滑有艺术上的美感,所以慢慢地自己也喜欢上了,被挑选进专业队后就开始专业的训练。 金:我是小的时候爸妈问我长大想学什么,我也没什么主见,当时还很小,正好在电视上看到赵教练申老师比赛的视频,我说这个好,挺好看的,我爸就说那就练这个吧。 问:还记得是什么比赛吗? 金:那时候很小,不记得具体是什么比赛了,只记得这个事情。 问:你俩牵手之前金杨换过很多女伴,但不太理想? 金:其实也没有很多(笑)。因为女孩子在练双人滑的时候涉及到体重问题,我之前的女伴也都没能很好掌握自己的身材,所以也是没有办法的。 问:你们第一次见面搭档时的事情还记得吗?对对方的第一印象是什么? 于:我就真的是一个小女孩,他就是个大哥哥。我就尊敬崇拜这个大哥哥,因为他是搭伴了很多年的双人滑选手,而我自己当时能力还不是很强。 问:但是我听说的是金杨你第一次见小雨的时候就觉得她能力很高啊? 金:对,那时候他们给我介绍小雨的时候就说小雨是北京一姐,一姐就是说在北京是最厉害的,在她那年龄段她那水平可以说是很高的。然后我看她第一眼的时候她梳了个马尾辫,当时我就觉得这女孩好有气质 ,一站在那儿就特别孤冷高傲的感觉,与世无争的感觉。 于:假象(笑) 金:那会儿觉得气质就不一样,我就想这女孩以后要不得了啊。 于:这方面是遗传我妈妈的。不爱与人交谈,在冰场上比较冷漠,面无表情,看上去很高傲的感觉,容易被人误解。 问:但其实你是一个很擅谈的人。后来金杨有没觉得自己受骗了? 金:没有(笑),其实还是挺好的,就是有的时候她聊天打开了阀门就关不上了。有可能如果我们不是滑双人滑的话会以为跟她交谈是件很难的事,不敢去接近她,但是搭档之后发现小雨是个很热情的女孩,身边的朋友想让她帮忙做个事情她也都很乐意,从来没有说过不,特别喜欢帮助别人。然后在平常生活当中她也喜欢聊天,遇上喜欢的事物其实很能说的。 (中间很长一段采访都发表在Golden Skate上了 http://www.goldenskate.com/2016/02/xiaoyu-yu-yang-jin/ 最后的这个问题我考虑再三,虽然残忍,还是发出来吧。) 问:2018和2022年离家都很近,尤其22年就是小雨家门口,对未来有什么展望? 金:这个问题很多人都会问,只要是运动员,无论是什么项目,所有运动员目标都是一样的,就是奔着最高领奖台去,我们也不例外。但是虽然说都是离家不远吧,一个在平昌,一个在北京,我们肯定会尽最大的努力,在训练啊,在比赛中。很多人问我们什么时候能滑出更多的经典,其实我们也在想,经典对我们来说也不那么遥远,只是我们努力还是不够,所以在未来几年内我们会越来越细化自己的节目,让裁判员对我们有更高的认可,为了2018年和2022年的奥运会做准备,希望能实现自己的梦想。 于:我没有要补充的了。

Event Preview: ISU Four Continents Figure Skating Championships

Pre-claim: I didn’t write this preview. It comes from ISU media function, a group of helpful officers who always provide useful information/reference to registered media for press release. The 2016 ISU Four Continents Figure Skating Championships will open in Taipei,

Event Preview: ISU Four Continents Figure Skating Championships

Pre-claim: I didn’t write this preview. It comes from ISU media function, a group of helpful officers who always provide useful information/reference to registered media for press release. The 2016 ISU Four Continents Figure Skating Championships will open in Taipei,

Travel Guide and Tips to Barcelona GPF’15

Okay, if you feel like you’ve read this travel guide somewhere, well, it’s because I actually wrote it last year =w= Now I am just posting it again to my new blog. But, hey, I guess the information provided below

Travel Guide and Tips to Barcelona GPF’15

Okay, if you feel like you’ve read this travel guide somewhere, well, it’s because I actually wrote it last year =w= Now I am just posting it again to my new blog. But, hey, I guess the information provided below

ISU Grand Prix of Figure Skating 2015/2016 – Olympic, World Champions to compete in ISU Grand Prix of Figure Skating Series

Pre-claim: I didn’t write this preview. It comes from ISU media function, a group of helpful officers who always provide useful information/reference to registered media for press release. I am re-posting it here because I am not assigned to write

ISU Grand Prix of Figure Skating 2015/2016 – Olympic, World Champions to compete in ISU Grand Prix of Figure Skating Series

Pre-claim: I didn’t write this preview. It comes from ISU media function, a group of helpful officers who always provide useful information/reference to registered media for press release. I am re-posting it here because I am not assigned to write

Golden Skate山本草太選手の記事に入れなかった一問一答及び「目標」と「夢」の発言

こんにちは、Weiです。先日、滋賀で行われたサマーカップにて山本草太選手にインタビューさせていただき、その時の内容に基づき記事を書いて、Golden Skateに載せました。これです。 Sota Yamamoto sets sights on Junior World title 当方のTwitterにも言ったように、自分が今まで書いたフィギュアの記事の中でも、かなり気に入りの一つです。なぜなら、普段行ってる国際試合と違って、メデイアの方がそんなにいない中、単独インタビューができて、いろんな聞きたいことが聞けて、それに対して山本選手が全部詳しく、しかも誠実に答えてくれましたから。しかもその中で、まだ聞いていないのに当方が知りたいことを洞察して答えてくれたり、想定外の回答を誠実に言ってくれたりして、とても気持ちいいインタビューができました。それで久々にワクワクして、一刻も早く彼の話を広げたいなぁと思い、元々9月の後半に記事を載せる予定でしたが、GSの編集長と相談してJGPコロラドの試合の前に出すことにしました。出して一日しか経っていなかったが、やはり日本の皆さんからの反応も今まで一番いいじゃないかと感じて、とても嬉しいです。インタビューできてよかったなと改めて思いました。 さて、前書きがかなり長くなってしまいすみません。このDropped Pearlというブログは元々、取材で聞けたが記事に入れなかったもしくは記事にできなかったいい話を拾うためにやっているので、今日も今回の山本選手のインタビューで聞けて記事に入れなかった一問一答を書きたいと思います。そして、GSの記事に皆さんが一番気に入ってくれるのはやはり「今シーズンの目標」と「平昌に行きたい夢」のとこなので、当時の言葉をそのまま出したいと思います。 まずは記事に逃した一問一答です。 ― (前に山本選手が自らアメリカのNathan Chen選手の話をしていたので)普段から自分の同世代の選手のニュースとか動画とか見ていますか。 ― ニュースも動画も、ネイサン選手のを見ました。 ― ネイサン選手だけですか。 ― 今のところは、今シーズンは、はい。 ― (いろんなインタビューで憧れの選手は羽生選手だと言っていたので)今年の世界ジュニアの時、カナダのKurt Browningが山本選手のフリーを見て、ツッコミがありました。あなたが羽生選手のコスチュームを盗んだと、コメントしました。(”Now he is hoping right now that Yuzuru Hanyu isn’t watching, ’cause he’s snuck into his closet, and took one of

Golden Skate山本草太選手の記事に入れなかった一問一答及び「目標」と「夢」の発言

こんにちは、Weiです。先日、滋賀で行われたサマーカップにて山本草太選手にインタビューさせていただき、その時の内容に基づき記事を書いて、Golden Skateに載せました。これです。 Sota Yamamoto sets sights on Junior World title 当方のTwitterにも言ったように、自分が今まで書いたフィギュアの記事の中でも、かなり気に入りの一つです。なぜなら、普段行ってる国際試合と違って、メデイアの方がそんなにいない中、単独インタビューができて、いろんな聞きたいことが聞けて、それに対して山本選手が全部詳しく、しかも誠実に答えてくれましたから。しかもその中で、まだ聞いていないのに当方が知りたいことを洞察して答えてくれたり、想定外の回答を誠実に言ってくれたりして、とても気持ちいいインタビューができました。それで久々にワクワクして、一刻も早く彼の話を広げたいなぁと思い、元々9月の後半に記事を載せる予定でしたが、GSの編集長と相談してJGPコロラドの試合の前に出すことにしました。出して一日しか経っていなかったが、やはり日本の皆さんからの反応も今まで一番いいじゃないかと感じて、とても嬉しいです。インタビューできてよかったなと改めて思いました。 さて、前書きがかなり長くなってしまいすみません。このDropped Pearlというブログは元々、取材で聞けたが記事に入れなかったもしくは記事にできなかったいい話を拾うためにやっているので、今日も今回の山本選手のインタビューで聞けて記事に入れなかった一問一答を書きたいと思います。そして、GSの記事に皆さんが一番気に入ってくれるのはやはり「今シーズンの目標」と「平昌に行きたい夢」のとこなので、当時の言葉をそのまま出したいと思います。 まずは記事に逃した一問一答です。 ― (前に山本選手が自らアメリカのNathan Chen選手の話をしていたので)普段から自分の同世代の選手のニュースとか動画とか見ていますか。 ― ニュースも動画も、ネイサン選手のを見ました。 ― ネイサン選手だけですか。 ― 今のところは、今シーズンは、はい。 ― (いろんなインタビューで憧れの選手は羽生選手だと言っていたので)今年の世界ジュニアの時、カナダのKurt Browningが山本選手のフリーを見て、ツッコミがありました。あなたが羽生選手のコスチュームを盗んだと、コメントしました。(”Now he is hoping right now that Yuzuru Hanyu isn’t watching, ’cause he’s snuck into his closet, and took one of

ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Series 2015/16 Preview (Press Release + Personal Thoughts)

Pre-claim: I didn’t write this preview. It comes from ISU media function, a group of helpful officers who always provide useful information/reference to registered media for press release. Since I am not assigned to cover any JGP event this season,

ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Series 2015/16 Preview (Press Release + Personal Thoughts)

Pre-claim: I didn’t write this preview. It comes from ISU media function, a group of helpful officers who always provide useful information/reference to registered media for press release. Since I am not assigned to cover any JGP event this season,